無料の着うたを使用する際の長所。カバー音源特有の良さがある

カバー音源特有の良さ

無料の着うたは、短所が色々とあります。その短所は一つとしえ、最も大きなものは、カバーの音源が多いことが挙げられるともいます。
それはしかし原版の着沙権を侵害しないために必要なことです。
着信音として使われる音源が、全てオリジナルでなければいけないというのは、違うのではないでしょうか。
オリジナルにはない、カバーならでは良さというものもあると思います。それは大きな長所と言えるのです。

 

全てがそういうわけではないのですが、カバーの音源には、オリジナルには価値があると言えると思います。
原版を使用している音楽配信は、現在、レコード会社が独占している状態です。それは昔から変わらず、高裁によって違法判決が出たにも関わらず、一向に変わっていません。
おそらくこれからも簡単に変わっていくことはないでしょう。
しかもCDの販売不振を、その違法ダウンロードのせいにしていて、これからダウンロードをしたときに、懲役刑や罰金刑を科せられることになっていますから、もはや何が何でも原版だけに価値を認めるのはおかしいと言えると思います。
たとえばアマゾンがDRMフリーの音源を発表しています。全外の音楽業界が売りこもうとしている音楽よりもずっと魅力的な音楽がそこにはたくさん存在しているようです。
このようなことから考えられるように、オリジナルだけに魅力や価値を見い出すような考え方からは、一刻も早く卒業したほうがいいのではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ