ゆず

デビュー15周年、ゆず

デビューから15周年を迎えた、ゆず。
リーダーの北川悠仁(ゆうじん)と岩沢厚治から成る男性グループです。
ともに35歳になりました。
グループ結成は1996年、メジャーデビューは1998年です。

 

メジャーデビューする前には、横浜の松坂屋の前でストリートライブをやっていました。ストリートライブ時代に学んだことは、「路上では、自分たちの歌を聞こうと思ってそこへ来ている人ばかりではない。
特に関心を持っているわけではない人たちにどうやったら振り向いてもらえるか、そのためには歌だけでなくトークなども大事だ」ということでした。

 

ゆずの一番の長所は、「お互い自分が持ってないものを相手は全部持っていること」だそうです。

 

デビューして10年間ほどは、課題を与えてもらってそれを達成してきた2人。
それ以降は自分たち自身で課題を見つけていくように変わったといいます。
より自発的な活動になっていき、「やっと自分で自分たちをプロデュースできるようになった」と分析しています。

 

リーダーの北川悠仁はボーカルとギターのほかタンバリン、ピアニカ、カズー(アフリカの楽器、口で吹く)を演奏します。
昔からジョン・レノンの大ファンですが、もし会えたとしても音楽の話をする気はなく、
“最近どうですか?”みたいな世間話でいいそうです。

 

岩沢厚治はボーカルとギターのほかハーモニカ、バンジョー(アフリカの弦楽器)を演奏します。
30代になって変わったことは、「無謀でも諦めてしまうんでもなく、ちゃんとした解決策を見つけられるようになった」ことだそうです。

 

2011年にリリースした「HEY和」は、世界平和などの大げさなテーマでなくてもいいから当たり前にできている日常の暮らしの大切さを平和のメッセージとして歌いたい、という気持ちから生まれた歌です。
北川悠仁が家の中を歩き回りながら一人でシャウトし、曲ができていきました。
メッセージソングという狭い枠の中に囚われないことに気をつけたそうです。
「誰でもある日常の日々をテーマにしたかった。
遠くの世界で起きてることを大変だね、ではなく聞いてくれる人が当事者として考えられるような曲にしたかった」と2人は述べています。
また、ゆずの2人はファンにとって「心の中の灯火、小さくともけっして消えることのない灯火になりたい」とのことです。

 

8月には、待望の新曲「また明日」が発売になります。

 

最新シングル「WITH YOU」の着うたフルが現在、絶賛配信中です。

デビュー15周年、ゆず関連ページ

テレビ番組でもお馴染み!GReeeeN
曲ごとにリードボーカルが違っていて、通常はGReeeeNの名前で曲作りされています。
楽しく聞かせるのがモットー 平井堅
武井咲主演の話題のドラマ、「Wの悲劇」のテーマソングを歌っている平井堅。トップアーティストになった現在でも、音楽の理論、技術面についてはあまり知らないと言います。自分の歌は楽しく聞かせたいと思っています。
長身美女軍団、AFTERSCHOOL
安室奈美恵とのコラボレーションでも話題になった韓国のAFTERSCHOOL。楽曲のみならず彼女たちのファッション等も、日本の若い女の子たちから注目されています。メンバーは昔、写真家や探偵になりたかったそうです。
帰ってきたK-POPの王、東方神起
東方神起の2011年活動再開第1弾シングル「WHY? KEEP YOUR HEAD DOWN」は「先着5000人に着うた無料配信」を実施したさい、2分で終了という大人気でした。7月発売の新曲「ANDROID」は久々のダンスナンバーです。

ホーム RSS購読 サイトマップ